IT技術の話題を中心に、"Warning”や”Error”との戦いなどを記していきます。

Chrome for iOSで使えるキーボードのショートカットまとめ

TAGS 未分類
UPDATED
follow us in feedly

IPhoneやiPadなどにキーボードを接続してネットサーフィンを快適にするためのショートカットをまとめていきます。

基本的なショートカット

これらの情報はキーボードの⌘(コマンドキー)を長押しすると表示することも出来ます。

新しいタブ ⌘(コマンドキー)+T
新しいシークレットタブ ⌘+Shift+N
閉じたタブを開く ⌘+Shift+T
場所を開く ⌘+L
タブを閉じる ⌘+W
ブックマークに追加 ⌘+D
ページ内を検索 ⌘+F
再読み込み ⌘+R
履歴 ⌘+Y
音声検索 ⌘+Shift+.(ドット)

Chromeで使えるその他のショートカット

ショートカットとして表示されないものの、ほかのブラウザでも共通して使える基本的なショートカットです。

画面のスクロール Option+↑または↓(スペースキーの場合は、Option+↓と同等)
画面の最上部または最下部へスクロール ⌘+↑または↓
ページ内のフォーカスを次へ移動する Option+Tab
ページ内のフォーカスを前へ移動 Option+Shift+Tab

 

キーボードでの操作が出来ようになるとChromeの操作を素早く行えるようになります。
実はこの記事もiPadのChromeにて書いている所です。
皆さんも快適なネットサーフィンを行う為に、身につけましょう。

PC Companionで作られたftfファイルの場所

TAGS 未分類
UPDATED
follow us in feedly

PC Companionでアップデートファイルをダウンロードした際に保存されるtftの元ファイルの場所が違っていたので忘れないように書いておく。

C:\ProgramData\Sony Mobile\Update Engine\localstorage\13740270

grub shellが出て起動しなくなった時の対処

TAGS 未分類
UPDATED
follow us in feedly

centos で yum updateを行った後に、kernel panicを起こして、grub.confファイルが空になり起動しなくなってしまったのでメモ

症状、起動しても「Minimal BASH-like line editing is supported 」という感じでgrub shell が表示されてしまいます。

grub > find /boot/grub/grub.conf

(hd0,0)

bootパーティーションの場所がわかった所で

grub > kernel /boot/vmlinuz[tabキー]

とすると、「vmlinuz-2.6.32.573.18.1.el.x86_64」「vmlinuz-2.6.32.573.22.1.el.x86_64」「vmlinuz-2.6.32.573.12.1.el.x86_64」

何候補かが表示されるので、最新のカーネルの一個前、ここでは「vmlinuz-2.6.32.573.22.1.el.x86_64」あたりを使います。

grub> cat (hd0,0)/etc/fstab

/dev/vda1 / ext3 noatime 0 1

でルートパーティションが/dev/vda1だと過程

grub > kernel /boot/vmlinuz-2.6.32.573.22.1.el.x86_64 root=/dev/vda1

[Linux-bzimage, setup=0x3400, size=0x403612]

※rootの所でLABELを指定すると起動過程でエラーが出ました。

grub > kernel /boot/vmlinuz-2.6.32.573.22.1.el.x86_64 root=LABEL=/

dracut Warning: No root device “block:/dev/disk/by-label/_\x2f” found

直に指定したほうが良さそうです。

grub > initrd /boot/initram[tabキー]

で表示される一個前の候補を使います。

grub >initrd /boot/initramfs-2.6.32-573.22.1.el6.x86_64.img

[Linux-initrd @ ex000 0x000 bytes]

grub > boot

こんな感じで起動するところまでいきました。

 

Asteriskに050Plusを収容した際の設定ファイル

TAGS 未分類
UPDATED
follow us in feedly

実際に下記の設定で050plusを収容して使っていましたが、050plusを解約した為、備忘録として記録しておきます。

extensions.conf

 [050plus]

 exten => 050aaaaaaa,1,Dial(SIP/内線番号,40,t)

 exten => 050aaaaaaa,n,Voicemail(内線番号);

 exten => 050aaaaaaa,n,hangup

 exten => 050aaaaaaa,102,Busy

sip.conf

tlsenable=yes

tlsbindaddr=0.0.0.0

tlscertfile=/etc/asterisk/keys/asterisk.pem

tlscafile=/etc/asterisk/keys/ca.crt

tlscipher=ALL

tlsclientmethod=tlsv1

tlsdontverifyserver=yes

register => tls://fmc(050aaaaaaaのaaaaaaaの部分):secret:defaultuser@host:5061/050aaaaaaa

[050plus]

type=friend

secret=aaaaaaa

port=5061

defaultuser=bbbbbb

fromuser=fmc(050aaaaaaaのaaaaaaaの部分)

host=60.37.58.000

;host=kar-f2fcp.050plus.com

fromdomain=050plus.com

context=050plus                                                                                                                                                                                                                                                               

insecure=invite,port

transport=tls

encryption=yes

Nginxでaliasを使ってphpMyAdminへアクセスさせる

TAGS linux
UPDATED
follow us in feedly

Nginxの環境下で、同一ディレクトリ下に存在しないphpmyadminにアクセスさせる為、色々とさまよった結果辿り着いた設定。

phpmyadminが違うディレクトリに存在している為、aliasで定義している。また、phpmyadminはポピュラーな故に狙われやすいこともあって、アクセス制限も加えている。

server {
listen 80;
location /phpmyadmin {
alias /var/www/nginx/phpMyAdmin;
index index.php;
allow 127.0.0.1; #localhostからのアクセス許可
allow 192.168.11.0/24;  #ローカルネットワークからのアクセス許可
deny all; #以上以外全てアクセスを禁止

location ~ .*\.php$ {
fastcgi_pass unix:/tmp/php-fpm.socket;
fastcgi_index index.php;
fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $request_filename;
include fastcgi_params;
}
}
}

 

参照させてもらったページ:

http://www.mk-mode.com/octopress/2013/01/21/nginx-phpmyadmin/

http://ja.stackoverflow.com/questions/2828/nginx-%E3%81%AE-alias%E6%8C%87%E5%AE%9A%E3%81%A7-phpmyadmin-%E3%81%AB%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E3%81%99%E3%82%8B%E6%99%82%E3%81%AE-file-not-found-%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%B6%88%E6%B3%95